よくあるご質問

お墓はいつ建てるの?
特別な決まりはありません。新しくお墓を建てる場合は、ご家族が亡くなられてから、1年目、2年目に当たる一周忌もしくは三回忌の法要に間に合うように建立し、納骨するのが一般的です。
また、お彼岸やお盆の行事に合わせる場合も多いです。一方、寿陵といって生前にお墓を準備する慣習もあります。
公立霊園の場合、納骨していないご遺骨を所有していることが、墓地抽選へ申し込める条件になっているところがほとんどです。
寺院墓地の場合は、檀家になっていれば、いつでも建立できます。
お墓にかかる費用は?
主に、永代使用料、墓石代、納骨費用、霊園管理費になります。永代使用料は、墓地の永久的な借地費用です。公立霊園が比較的安く、寺院墓地、民間霊園の順に使用料が上がっていきます。墓石代は、墓石本体、付属品、工事費からなり、全国平均では約170万円といわれています。みんなの墓石通販は、本体に加え、付属品や工事費を含み、100万円前後の価格を中心に、59万円〜291万円までバリエーションがございます。
お墓を建てる場所は?
みんなの墓石通販では、公立霊園と寺院墓地、自身の敷地内に建てる野墓地となります。指定石材店制度のある民営霊園には建てることができません。一部の寺院墓地でも指定石材店制度がある場合は、建てられないところもあります。詳しくは、ご相談ください。
お墓の形は、どんなタイプがありますか?
お墓は、モダンタイプ、伝統タイプ、自由デザインタイプに分けられます。モダンタイプは、洋型といわれるもので、やわらかさや温かさをデザインに求められる方に適しております。伝統タイプは、従来の慣習に従い長年建てられてきた形式にしたい場合に選択いたします。自由デザインは、個性的なお墓を作りたい、故人への想いを表現したいときに向いています。
お墓は、好きなデザインで建ててよいですか?
デザインに関する決まりはありません。昔は、先祖供養の目的で建てられていたため、他の家と同じような伝統タイプのお墓ばかりでした。現代は、寿陵として、生前に自身のためのお墓を用意したり、近い家族であった故人のためのお墓であることが多いため、その家族の感性や価値観にあった墓石を自由なデザインで建てることが多くなりました。
お支払い方法を教えてください。
ご注文後、一週間以内に半金を指定の口座にお振込いただきます。残金は、完成後一週間以内のお振込となります。現金振込ができない場合は、弊社指定のローンでのお支払いも可能です。年利が3.5%となります。
お墓を建てるとき必要な手続きは?
特別な手続きは必要ありません。故人の戒名(法名)、俗名、死亡年月日、行年(享年)を調べて、申込書に記入お願いします。分からない場合は、お位牌で確認できます。家紋を彫刻されたい場合は、家紋のコピーが必要になります。(納骨する際は、埋葬許可書を霊園管理者へ提出する必要があります。)

無料カタログ請求はこちら

ページトップへ戻る